メリットを得る為に、より多く比較すべきリースバック

リースバックは、リバースモーゲージと同様に高齢者の利用者が右肩上がりのサービスですが、リバースモーゲージと混同されているサービスです。リバースモーゲージは、自宅に抵当権を設定して所有者が存命中は融資額に対する金利だけを支払い自宅に住み続けるサービスであり。所有者の死亡を確認すると自宅を売却して融資を完済するサービスです。その為、国が運営する「不動産担保型生活資金」でも3%を上限に長期プライムレートと連動しており、融資金額によってはリースバックの月額賃料より月額返済額が高くなる事が多くあります。

また、民間が運営するリバースモーゲージは、利用者が55歳上など様々な制限が多くあり、利用できない人が多くいるサービスですが、リースバックは制限が少なく利用しやすいサービスと言えます。リースバックは、必要な資金を自宅を売却する事で得る事ができますが、売買契約と共に賃貸契約を締結するので従来どおり自宅で成果する事ができるメリットがあります。また、売買契約時に買い戻し優先権を付帯させておく事で優先的に買い戻せる権利を行使する事ができるメリットがあり、自宅が知らないうちに他の人へ譲渡されるリスクもなく安心できるサービスです。リースバックを取り扱う会社の中には、周辺地域の家賃相場を考慮した月額賃料を設定している運営会社や居住年数によって買い戻し時の売却価格を割り引いてくれる運営会社もあり、より多くの運営会社を比較検討する事でより多くのメリットを得る事ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です